特産の「とんぶり」を守る 株式会社 秋田ハガイチオのホームページです


とんぶりができるまで
トンブリ畑

「とんぶり」はホウキギ(アカザ科ホウキギ属)と呼ばれる 一年草植物の成熟した果実を加工したものです。
ホウキギの果実は日本では古来、民間療法として用いられる生薬の一つでしたが、食用とするようになり、 秋田県大館市比内町では特産物として生産を続けています。

トンブリの収穫
種から育てたホウキギの苗を圃場に移植して5カ月ほど栽培し、9月頃から10月頃にかけて成熟した 果実を収穫します。
ホウキギの草丈は150cmほどまで大きくなります。
(細かく分岐した茎や枝は収穫期になると硬くなるので、以前はホウキとして販売していました。空は飛べないけど、掃除に便利だよ

トンブリ料理 乾燥させた果実を茹でて、その後に外皮を取り除いたものが「とんぶり」です。
淡い緑色でプリプリした食感も好まれ、淡白な味は多くの食材との相性が良く、 納豆や山芋など粘りがあるものや大根おろし、酢の物など、和え物として食べるのが秋田県北部での一般的な食べ方です。


どんな料理にも合う 現在は海外まで出荷され多彩な料理に使われています。
外見がキャビアに似ていることなどから「畑のキャビア」とも呼ばれています。


とんぶりの栄養成分

とんぶり(茹でたもの)100グラム中に含まれる栄養成分

【出典:文部科学省 日本食品標準成分表2015】より

とんぶりの栄養成分

栄養の宝庫「とんぶり」

とんぶり(100グラム中)に多く含まれる栄養成分

とんぶりに含まれる栄養素

とんぶりの保存方法
生とんぶりの保存期間の目安は、冷蔵保存で2週間。

(※出荷は季節限定です。)

真空パックは2ヶ月、瓶詰は6カ月程です。

長期間保存する場合は「冷凍保存」が適しています。

解凍する場合は、熱湯による解凍、流水解凍、

自然解凍が可能です。

解凍後は一旦水にさらしてから用います。



このページのトップへ トップページへ
Copyright © 2014 株式会社 秋田ハガイチオ All rights reserved.
by mama plan